入れ歯・ブリッジ・インプラントDentures,Bridge,Implant

歯を失った方へ
残念ながら歯を失ってしまった場合、補う方法は大きく分けて3つあります。

失った部分の両側にある歯を支えにして人工の歯(義歯)の橋を渡すブリッジ、入れ歯、インプラントです。

ブリッジは咬む強さは安定しますが、健康な両隣の歯を削らなければいけない治療の為、入れ歯やインプラントをおすすめすることもあります。保険適用のものもございますので、ご相談ください。

入れ歯は、保険が効くものでは、金属のバネで残った歯に装着する取り外し式の部分入れ歯と、プラスチックの床を使った総入れ歯があります。
ただし、保険のものには材料などに制限があるため、保険のもので満足されていない方には、金具の無いタイプや、床が薄い金属のタイプ、固定がしっかりとしたタイプなどの自費の入れ歯も用意しております。

そして、第2の歯として近年注目されているのが、インプラントです。
インプラントは、人工歯根を顎(あご)の骨の上部に直接埋め込みしっかりと固定するので、自分の歯のように安定性があり、見た目にも綺麗です。咬み心地も、入れ歯やブリッジよりも良いです。
高い技術と経験を必要とする治療のため、当院では専門の口腔外科医が担当しています。

入れ歯やブリッジ、インプラントをご検討中の方は、大阪市中央区・心斎橋の当院にご連絡ください。

入れ歯(デンチャー)について

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険が適応される入れ歯は使える素材が限られています。

基本的には床も義歯も硬質のプラスチックでできていて、部分入れ歯は金属のバネで残った歯に装着するタイプです。
費用の負担が少ないですが、違和感や金属のバネが見えることを気にされる方もいます。

一方自費の入れ歯は自由に素材を選べるので、患者さんの希望に幅広く応えることができます。
床を薄くしたり、バネを使わないようにしたり、義歯をよりきれいなセラミックスにしたり、自分自身の顎にしっかり固定した土台を使ったり、様々な種類があります。

 

入れ歯の種類とメリット・デメリット

入れ歯の種類メリットデメリット
保険適応の入れ歯
・プラスチック製・部分入れ歯は金属のバネで残った歯に固定する
・費用の負担が少ない ・使える素材が決まっているので、機能性や審美性に限界がある
ノンクラスプデンチャー
・固定にバネを使わない部分入れ歯
・バネが無いので見た目が綺麗 ・保険適応外
金属床
・床がプラスチックではなく薄い金属製の入れ歯
・熱が伝わりやすいので食事がおいしく食べられる
・薄いので違和感が少ない
・保険適応外
アタッチメントデンチャー
・歯に取り付けた金具と入れ歯の金具が咬み合う形
・金具が表から目立たない
・安定性がある
・保険適応外
マグネットデンチャー
・磁石の力で取り付ける
・金具が気になる人に向いている ・保険適応外
・MRI検査のときには使えない
インプラントオーバーデンチャー
・顎の骨に何か所か土台を埋め込み、その上に入れ歯を取り付ける
・安定性がある・見た目が自然で綺麗 ・保険適応外

ブリッジについて

ブリッジとは

ブリッジ治療とは、歯を失ってしまった後、前後の歯を削って橋のようにつなげる方法です。隣接する健康な歯を削ってしまうことがデメリットですが、入れ歯よりもしっかりと咬むことができる治療です。

詳しくは当院まで相談ください。

インプラント治療について

インプラント治療とは

インプラント治療とは、顎骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯(義歯)を上に建てる方法です。

他の歯で義歯を支えるブリッジや入れ歯に比べ、自分の歯と同じような安定した咬み心地になり、見た目にも綺麗です。

インプラントは第2の歯とも呼ばれ、失った歯の機能を取り戻すことのできる治療法です。
世界的にもインプラント治療は盛んに行われていて、日本でも開始以来30年が経過し、技術も進歩をとげています。

当院のインプラント治療

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むための手術が必要です。

手術といっても、患者さん自身の感覚としては他の治療を受けているのとそう変わらないのですが、力の加減や埋め込みの深さなど、熟練した精度の高い技が仕上がりを左右します。

そのため当院では、経験豊かな専門の口腔外科医が担当しています。
専用の検査設備なども備えていますが、より詳しい検査が必要なときには、近隣の医院と連携して検査を受けていただくこともあります。

インプラントにも種類があり、2回の手術が必要なもの、1回の手術ですむもの、方法も様々です。
当院では基本的に、1回目の手術後に人工歯根の定着を待ち、数か月後に義歯の取り付けを行う安定性の高い2回法を行っています。
患者さんの希望によっては1回法にも対応していますが、状態次第でおすすめできないこともあります。

患者さんの希望と状態をしっかりと見極め、適切な方法をご提案させていただきますので、不安な点はなんでもご相談ください。

大阪市中央区・心斎橋駅の当院では、インプラント専門医による治療を行っております。

是非ご相談ください。

インプラント治療担当 榊 敏男(サカキ トシオ)紹介

・歯学博士
・歯科麻酔専門医
・口腔外科専門医・指導医
・国際インプラント学会専門医

インプラント治療の流れ

  1. カウンセリング
  2. 診査・診断
  3. 治療計画
  4. 1次手術
  5. 2次手術
  6. 完成
  7. メインテナンス