矯正歯科治療Correction

矯正歯科治療をお考えの方へ

歯並びのコンプレックスに悩んでいる人は多いですが、矯正治療はなんだか怖い、痛そう、装置が目立つのが嫌、などの理由で踏み出せない方も多いと思います。

しかし最近は、歯の裏に装置をつける裏側矯正や、マウスピース矯正など、様々な治療法があります。
数本の歯だけを動かすだけで良い方には、部分矯正を行っています。

当院では、カウンセリングだけではなく、検査、治療計画までを無料で行っています。
理想とする歯並びや矯正にかけられる時間や費用はひとりひとり違うので、患者さんの
希望をしっかり聞き、お口の状態や検査結果もふまえた上で、一番いいと思われる方法をご提案いたします。

歯肉や骨の状態が良ければ、40代~60代でも矯正治療は可能です。
年齢を重ねると歯並びにも変化がおこり、昔は気にならなかったすき間やガタガタが目立ってくることもあります。

見た目だけの問題ではなく、矯正をするとお手入れがしやすくなったり、咬み合わせが良くなったりして、身体全体の健康にもメリットがあります。
矯正を考えているけれど、色々不安があって踏み出せないという人は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

患者さんが納得できない限り無理な治療はおすすめしませんので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

矯正歯科治療がおすすめの方

出っ歯、歯がでこぼこ、受け口等、歯並びでお困りの方
咬み合わせに問題のある方
年齢による歯並びの変化が気になり始めた方 

矯正歯科治療の種類

普通矯正(ブラケット)

歯列の表側にブラケットを取り付け、ワイヤーの力で矯正する方法です。
一番基本的な矯正方法で、幅広い人に適応ができます。
金属のブラケットは目立って嫌だという方には、白いセラミックスブラケットを選択していただけます。

舌側矯正(インコグニト)

舌側に矯正装置をつけるため、人からは装置が見えない矯正方法です。
当院で採用しているのは、インコグニトという装置です。
インコグニト以外にも舌側矯正装置はありますが、舌が装置にあたったり、発音がしにくくなったりという不便さや不快感が問題点でした。
インコグニトはそのような問題点を解決し、患者さんの負担を軽減させた画期的な舌側矯正装置で、ヨーロッパでは矯正治療を受けている人の60%がインコグニトを選択しています。
患者さんごとのオーダーメイド方式で専門の技術者によって装置が製作され、素材も非常に薄い金属なので、違和感が少なく口の中に密着します。
そのため、汚れがたまりにくく、矯正中のむし歯リスクも抑えることができます。
また、ワイヤーもオーダーメイドなので、矯正期間も短くなります。
見えない矯正がしたい方には一番おすすめの方法です。

マウスピース矯正(インビザライン)

ワイヤーを使わず、透明のマウスピースを使った矯正方法です。
着用時にしめつけられたような感覚はありますが、ワイヤー矯正のような痛みはありません。
食事中と歯みがきのときを除いては、ほとんど1日中着用していただくことになりますが、マウスピースは外から目立たず、慣れれば違和感も気にならなくなります。
忙しい方や転勤の多い方におすすめです。
部分矯正にも対応ができ、あまり大がかりな矯正を希望しない人にも向いています。

当院で採用しているのは、アメリカのインビザラインという矯正システムです。
インビザラインは、始めに目指したい矯正のイメージを決めてコンピューターで解析、その計画に合わせたマウスピースを作成し、少しずつ形の異なるマウスピースを順番に着用していただくことで、最終目的の歯列を実現させる矯正方法です。

インプラント矯正

矯正用のアンカースクリュー(細いピンのようなもの)顎の骨に埋め込み、そこを支点にして歯を移動させる矯正方法で、ブラケット矯正の補助として行う場合があります。
失った歯を補うインプラントとは違い、埋め込むのは必要な期間だけです。埋め込みや撤去による痛みや腫れもほとんどありません。

矯正歯科治療の流れ

1、カウンセリング

職業なども伺いながら、患者さんの希望する矯正方法や不安なことを伺います。

2、資料採取

レントゲン撮影や口腔内の状況を確認します。

3、治療計画

患者さんのお口や状況に合った矯正方法をお伝えし、詳しく説明いたします。

4、治療開始

いよいよ矯正治療開始です。

5、動的治療終了 保定開始

金具を付けている場合は取り外し、保定装置をつけます。

6、保定終了

治療終了です! おつかれさまでした。

症例

症例 インコグニト

術前

術後

症例 ワイヤーブラケット(普通矯正)

術前

術後